ヒアロディープパッチを眉間のシワに貼るのはやめた!皮膚の折れグセにはコレ!

ヒアロディ―プパッチを定期購入してました。目の下のしわだけでなく眉間にも貼ってたんですがヤメました!

もったいないからです。

 

眉間の形状に合わせて貼るには、パッチの両サイドをカットして中央部分だけを貼るんです。でも両端をカットしてしまうなんてもったいないですよね。だからヤメました。

 

私は上記のやり方だと、もったいないのでヒアロディープパッチを半分に切って貼ってみたことがあるんです。

でも微妙なカーブが眉間に合わず貼りにくく、はがれやすかったです・・・

しかも目元などにできるシワと眉間にできる縦ジワに原因は全く違うので、ヒアロディープパッチを貼ってもムダってことがわかったんです。

そこで眉間のシワの原因に特化した刺すヒアルロン酸に変えました。

それが【ミケンディープパッチ】

それにヒアロディ―プパッッチは人気があり過ぎて、今購入しても最長3か月は予約待ちの状態になってるのですぐに届かないんです。

待ってる間い眉間のしわは、どんどん進行。

でもミケンディープパッチなら今の段階だと届くのが早いですよ。気になったらすぐに使いたいですよね。

⇒ミケンディープパッチの詳細を公式サイトで見てみる

眉間のしわの原因は目元のしわとは違う

ミケンに刻まれたしわのほとんどは縦にくっきり入ってることが多いですね。目元周りのしわは横に入ってるでしょう。

この違いは皮膚の厚さと原因が違ってるから。

ミケンの皮膚は目元周りよりも分厚いんです!

また乾燥や水分不足が原因でできる目の下や目尻の小じわやちりめんジワとは違うんです。もちろん乾燥も原因の一つですが他にもあります。

それがコラーゲンの生成量の低下と表情の繰り返しによる皮膚の折れグセです。

 

加齢や紫外線によるダメージ、乾燥などでコラーゲンの量はいつの間にか減少しハリや弾力は低下していきます。

さらに分厚い皮膚に対し表情のクセが繰り返されることで、だんだんとくっきり折れグセが刻まれ、元に戻らなくなったのがミケンの縦ジワです。

 

眉間の表情クセというのは、しかめっつらを繰り返すことで定着します。

だから対応する成分も違ってくるのでミケンディープパッチにはヒアロディープパッチに入ってない成分が含まれています。

その代表が表情のクセでできた皮膚の折れグセに対応するアセチルヘキサペプチドとペンタペプチド-18です。

アセチルヘキサペプチドとペンタペプチド-18は塗るボトックスと呼ばれるアルジルリンのことです

⇒ミケンディープパッチの詳細を見てみる

 

眉間の深いシワには貼るテープより刺すシート

 

ミケンのシワを解消するために、夜貼って寝るテープがあります。

どうして夜に貼るのかというと、寝てる間も無意識にミケンにシワを寄せてることがあるからです。

私の母もそうなんですが、ミケンにしわを寄せながら寝てるのを見たことがあります。シワの折れグセがひどいと貼るだけでは無意味だったりします。

眉間の皮膚は厚いので、テープでは深い年齢サインに負けてしまいます。さらに貼り方が悪いと逆にシワが定着していくことも・・・・

刺すシートならグサリの皮膚の奥に針が刺さるので年齢と表情のクセによる折れグセを伸ばしてくれるでしょう。

刺すヒアルロン酸シートなら何でもよいかというとそうではありません。

針に含まれてる成分が重要!

眉間にしわができる原因を知っておこう

 

眉間周辺の皮膚は厚いので、乾燥による小じわやちりめんジワはできにくいパーツです。でも悩んでる人は無表情の時も縦に2~3本刻まれてることがあります。

皮膚が厚い分、小じわはできにくいけど深いシワができやすいところ。

改善しようと高い美容液で保湿やケアをしても、ビクともしない・・・・・なんてことがあります。水分や栄養を与えるだけでは不十分。

ミケンに刻まれた深い縦ジワの原因は乾燥だけじゃないからです。

悩んだり困ったり、怒ったりするときに無意識にしてしまう表情のクセが大きな原因の一つだから。悩みや困ったことが続くとしかめっつらになりますよね。

 

しかめっつらをするとミケンに縦ジワが寄ります。それを繰りかえすことでできるのが表情ジワ。

 

表情のクセでできるシワとは

顔には無数の表情筋が走っており、それが変化することで微妙な表情がつくれます。脳からの指令で分泌される神経伝達物質で表情筋を動かすことができます。

この神経伝達物質がちょうどよい量出ればいいけど、時には過剰に出ることがあります。それでも若いときは表情がもとに戻ればシワも一時的なもの。

 

でも年齢を重ねてコラーゲンなどのハリ成分が少なくなったり神経伝達物質の過剰分泌が繰り返されると、だんだんともとに戻りにくくなっていきます。

そうして少しずつ定着しハッと気が付いたときは深いシワに・・・・・

 

この神経伝達物質の過剰分泌を抑制するのがボトックス注射。固くなった筋肉を緩めシワを目立たなくします。

でもボトックス注射には副作用や失敗があるし、年齢が高くなって眉間周辺に打つと瞼や目元まわりがたるむことがあります。気軽にできませんね。

ボトックス注射の代わりになって副作用がないのが塗るボトックスです。塗るボトックスの代表的な成分がアルジルリンとシンエイク、ロイファシル。眉間ディープパッチの針にはアルジルリンとロイファシルが配合されています。

さらに衰えた皮膚の土台を立て直す成長因子【合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1】も含まれています。

保湿するだけでは改善しないミケンのシワに役立つ成分を配合してるのはミケンディープパッチだけ。

 

⇒ミケンディープパッチの詳細を見てみる