apropoly hgh マイクロニードルパッチの効果を口コミで暴露!

ヒト成長ホルモン マイクロニードルパッチ

apropoly hgh マイクロニードルパッチのヒト成長ホルモンhghの効果ってどうなのか、口コミを調べて分かった真実を書いています。

自宅でクリニックレベルのケアができるということだし費用も安いのですが、効果が無かったらすごくもったいない価格です。

購入前に真相を知っておきましょう。

Apropoly hgh公式サイト
↓ ↓ ↓

マイクロニードルパッチ

 

apropoly hghの副作用を口コミでチェック!

美意識が強いなど、すでに使ってる人がいてレビューが投稿されてました。使った人で効果を実感してる人はいるのかチェックしてみました。

悪い口コミや評価が低いレビューには欠点がわかるので先に確認してみました。

apropoly hgh マイクロニードルパッチの悪い口コミ

シートが肌に合わなかったのか貼ったところの皮膚がかぶれました。

以上が悪い口コミです。今のところ1件だけ。

ヒト成長ホルモンの副作用というよりシートが合わなかったようです。シートとの相性が悪い肌質や絆創膏などでかぶれやすいなら注意しましょう。

apropoly hgh マイクロニードルパッチの良い口コミ

慣れるまで貼るのが難しかったですが貼ってみるとチクッとするくらいで痛くなかったです。朝はがすとニードルがなくなってたのですみずみにいきわたったんだと実感。

以前は海外から買ってました。ニードルの長さは約0.5ミリ。夏など汗をかく時期は汗をかきにくいところに貼ります。効果には個人差がありますが3か月使って私は髪の毛がまとまりやすくなった気がします。注射もやったことがありますがこちらはコスパが良いと思います。

ダイエットとウォーキングをしても変化があまりなかったですがヒト成長ホルモンを貼るようになってから目に見えてスッキリ。

使い始めたころは肌がモチモチに。目元の印象もスッキリするし髪の毛もコシが出たようです。全体的にハリを実感。6か月使ってますが周りから若い、と言われます。

今までいろんな療法を試してきましたがイマイチでした。でもhghニードルパッチはびっくり!よく眠れて朝すっきり。フィットネスクラブに通いながら2か月で体脂肪もすっきり。今では手放せません。

使い始めて2年ですが周りから実年齢より10歳以上若く見られます。心身ともにハツラツです。続けることに意味があるようです。

水分をキープしてくれるのか、3週間使ってるうちにツルスベになりピンとしたハリも感じます。

 

意外に悪いレビューは今のところ「かぶれた」という1件だけで他は何らかの変化を感じてる意見が多かったですね。

クリニックでヒト成長ホルモンを注入したいけど忙しくて来院できない、費用がもう少し安かったら・・・というならApropoly hghマイクロニードルパッチがあります。

価格と詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

マイクロニードルパッチ

apropoly hghの気になる副作用

apropoly hghパッチには基本的に副作用はありません。

 

その理由は医薬品ではなく化粧品だから。クリニックなどで利用されてるヒト成長ホルモンは厚生労働省が認可している医薬品を使っているので医師の処方が必要。

そのかわり体質によっては使用できなかったり副作用の心配があります。

でもapropoly hghパッチの原料sh-polypeptide-7は192個のアミノ酸を結合させたペプチドで医薬品ではありません。

 

sh-polypeptide-7はクリニックで使われてるヒト成長ホルモンとよく似た構造をしてるので類似の働きが期待できるものです。クリニックで使うヒト成長ホルモンとの違いはメチオニンというアミノ酸がくっつくかくっつかないかだけ。

もともとはアミノ酸なので副作用の心配はありませんが、妊娠中や授乳中は使用できませんよ。

Apropoly HGH マイクロニードルパッチにできること

ヒト成長ホルモンの分泌量は個人差がありますが、40代になると20代の半分以下になってるのが現実。

でもどれだけ分泌されてるか数値ではわからないものですが簡単にセルフチェックできます。

下記のような悩みがあったら分泌が減少してきたサインと言われます。

・体がしんどい
・髪の毛のハリがない
・もの忘れが多くなった
・ダイエットしても痩せない
・体力が衰えてきた
・ハツラツとしてない
・イキイキしていない

 

5年後も10年後もハツラツとした毎日を送っていたいのなら、apropoly hghで補充しましょう。

実はクリニックのhgh補充も注射器をもらって自宅で自分で注射するシステムが多いんです。でも注射器って慣れないと怖いし難しく感じることが多いですよね。

その点、apropoly hihニードルパッチなら貼るだけ。太ももなどめだたないところに貼るだけで0.5ミリの長さのニードルが自動的に刺さります。

 

貼った後は10分くらいで針(ニードル)が溶けはじめ、吸収される体の隅々まで運ばれる仕組み。注射器より簡単です。

それにクリニックでは1か月で70,000~150,000円と高い費用がかかるのがデメリット。仕事や家事などで忙しくてクリニックに行けない場合もありますよね。

そんな時にapropoly hghは通販で購入しセルフ注入できるので便利です。

なにより費用がクリニックより安いのが大きなメリット。

 

飲むhghより貼るhghの方が吸収しやすいか

飲むhghもありますが、貼るhghの方が効果的と言われます。その理由はペプチドが分解されてしまうから。

錠剤や顆粒、カプセルなどで飲むhghは胃の中でアミノ酸に分解されるだけ。体内でhghとして働いてくれないのです。

その点、分解されず成分の質が変わらずダイレクトに注入できるのが貼るhghです。

飲むhghが安いかというと案外そうではなく、貼るhghに近いお値段がします。

たとえば楽天で人気の【hgh エクセレント】は20袋入り一箱が13,500円。

アミノ酸の数は10種類あるかないかです。

貼るhgh【apropoly hgh マイクロニードルパッチ】には193個のアミノ酸がふくまれてるので桁違い。

apropoly hih マイクロニードルパッチの成分

apropoly hihパッチに配合されているhghは193個のアミノ酸を組み合わせたペプチド「sh-Polypeptide-7」をヒアルロン酸と一緒にマイクロニードルに結晶化させたもの。

sh-Polypeptide-7はINCI(米国パーソナルケア製品評議会)に登録されています。

ヒアルロン酸と一緒に針状に固められた160本のマイクロニードルが皮膚の角質層で溶けて吸収されます。

貼ったところ一部分だけでなく、体全体にいきわたり働いてくれるのが特徴。

原材料・成分
sh-Polypeptide-7(0.23mg)、加水分解ヒアルロン酸、マンニトール、トレハロース、リン酸ナトリウム、ポロキサマー188、ポリソルベート80


マイクロニードルパッチ