目の下のクマやたるみは化粧品ではダメ?刺すヒアルロン酸シートでさよなら

クマ

年々、目だってくる目の下のクマ。クマだけかと思ったらたるみもできてきて目元の印象が悪くなってませんか?目の下のクマやたるみを化粧品で解消するなら塗るだけではダメです。有効成分が奥にちゃんと届いてるかどうかがポイント。

特に目の下のクマは種類によって有効成分が違うことを知っていますか?

刺すヒアルロン酸シートでクマやたるみ、どちらにも対応できるものを見つけたので紹介しておきます。

クマやたるみに対応する有効成分を一気に導入する
刺すヒアルロン酸の詳細を確認できます
↓ ↓ ↓

ヒアロディープパッチ

目の下のクマの種類と原因

クマには種類があって原因はそれぞれ違います。だから加齢だけでできるわけでは在りません。紫外線や刺激、乾燥、血行不良など原因は違うので改善方法も違ってきます。

 

そんなやっかいなクマに対応してくれるのが刺すヒアルロン酸シート。ちまたにある刺すヒアルロン酸ならどれでも使える、というわけにはいきません。

自分のクマの種類を見極めてニードルに含まれてる有効成分を確認して選ぶことが大切。

まずは自分のクマはどんな種類なのか原因は何なのかを知っておきましょう。

目の下のクマの種類は大きく4つ

クマの種類を簡単に見分ける方法は色を見ることです。基本的に赤、青、茶、黒などの色があり、それぞれに違う原因がちゃんとあります。

よく知られているのは黒クマ、茶グマ、青グマの3つですが、赤グマもあるんですね。まず自分の目の下のクマはどんな色をしてるか確認してみてください。

黒クマができる原因と使える刺すヒアルロン酸

目の下に黒っぽい影ができてる・・・・・それは黒クマです。

黒クマの原因は
・加齢
・乾燥
・たるみ

以上の原因によって目の下に小じわやちりめんジワ、たるみができて皮膚の溝やひだが影になり黒く見せています。だから皮膚を引っ張ったり入浴で水分があるときは黒い色が薄くなるでしょう。

黒クマをマシにする対策は
・保湿
・たるみ解消

小じわやちりめんジワは乾燥が原因なので保湿を念入にやることがポイント。保湿というとヒアルロン酸がイメージされるのでヒアルロン酸入りのスキンケアで充分、と思って塗ってるのに解消されない・・・・・・ということがあります。

その理由はちゃんと奥にはいってないから!

ヒアルロン酸は大きい分子の成分なので奥に入りにくいんです。もともと皮膚にはバリア機能というのもあって外からのものを簡単に侵入させない、という機能が備わってます。

そんな時に役立つのが刺すヒアルロン酸パッチ。保湿成分の代表と言われるヒアルロン酸だけでできたニードル(針)がグサリと刺さることでバリア機能を一気に突破し奥に保湿に必要な成分を届けてくれます。

⇒乾燥が原因の黒クマに使える刺すヒアルロン酸の最安値

たるみでできた黒クマは奥のコラーゲンやエラスチンなどの減少や眼輪筋の衰えが原因。皮膚に存在するコラーゲンやエラスチンはハリにとって重要なものですが加齢や紫外線を浴びることなどで減少していきます。

まずはコラーゲンなどのハリ成分を導入することがポイント。

コラーゲンを補充するとともに自分でハリ成分を生み出せる肌に戻すことも必要。FGF、EGFなどの細胞を活性化させハリ成分を生み出せるように導いてくれる成長因子が含まれてるヒアルロン酸パッチを使いましょう。

ビタミンCもコラーゲンの生成をサポートするのでプラスになります。

急激なダイエットをやって一気に痩せたと気も目の下がたるむことがあります。皮膚が痩せたり加齢で衰えてゆるんだ眼輪筋はエクササイズやEMS美顔器などで鍛えましょう。

⇒コラーゲンや成長因子、ビタミンCを含んだ刺すヒアルロン酸を確認できます

コラーゲン入りの刺すヒアルロン酸パッチのお試しが半額
↓ ↓ ↓


 

茶グマができる原因と使える刺すヒアルロン酸

黒クマの次に目立ってしまうのが茶グマです。目の下が茶色くなってると疲れて見えるだけでなく実年齢よりも老けて見えるため見た目が損です。見つけたら早くなくしたいですね。

茶グマの原因はズバリ!メラニン色素です。

メラニンというと紫外線というイメージですから美容に一生けん命だと日焼け止めは欠かしてないでしょう。それでも茶グマができることがあります。

実はメラニンは紫外線だけでなく摩擦や刺激、ストレスなどで発生されることがあるので日焼け止めを塗ってもできることがあります。

□チェック!
茶グマの原因をまとめてみると
★摩擦
★紫外線
★刺激
★サイクルの乱れ

無意識にやってしまうのが皮膚の摩擦。目元というと顔の印象に大きくつながるところなのでアイメークをしっかりやることが多いです。

特にウォータープルーフなどのアイメイクを落とすクレンジングや洗顔でこすることがあるでしょう。メイクが残ったままだと肌に悪い・・・・と思って毎日繰り返されるゴシゴシとこすること。これが刺激となりメラニンを発生させます。なるべくこすらずに落とせるクレンジングを使いましょう。

美容のためにやってるメイクオフだけでなく花粉症で目がかゆくこすってしまうことも原因の一つ。起床時には気を付けていても睡眠時に無意識にやってしまうことがあります。

メラニンにはビタミンCやハイドロキノンなどの有効成分があります。目元はデリケートなところなのでハイドロキノンはちょっと注意が必要。目の周辺に優しく作用するのがビタミンCです。だから刺すヒアルロン酸パッチの針(ニードル)にビタミンCが含まれてるものを探しました。

探してみると意外に少ないですが価格的なものを考えて下の3つがおすすめです。

□チェック!
★ビタミンC配合の刺すヒアルロン酸は
・ヒアロディ―プパッチ
・クオニス ダーマフィラー
・ホワイトマイクロパッチ

以上のうち、お値段的に継続しやすいのがヒアロディ―プパッチクオニス ダーマフィラーです。茶グマを目立ちにくくするには乾燥小じわ対策より時間がかかるものです。

茶グマの状況によっては長期的にケアしていく必要があるかも。お値段が高いと大変ですね。ヒアロディ―プパッチは3つのコースからお得な価格で購入できるシステムです。ニードルにプラセンタエキスが入ってるのも注目しておきたいところ。

初めての場合はいつでも解約できて返金保証がついてるお試しコースにしておきましょう。

ヒアロディープパッチのお試しコースが確認できます
↓ ↓ ↓

>>>ヒアロディープパッチ公式サイトはこちら

クオニスのダーマフィラーは1回分のお試しが半額になるキャンペーンをやってるので初めてでも気軽に刺すヒアルロン酸パッチにチャレンジできます。

コラーゲンなどのハリ成分も入ってるので茶グマにたるみにも対応してくれるでしょう。

ダーマフィラーはコチラ



青グマができる原因と使える刺すヒアルロン酸

目の下が何となく青い・・・・・それが青クマです。原因はズバリ!目の周辺の血のめぐりが悪く静脈に血液が滞ってくること。

 

目元のまわりには他の部位よりたくさんの毛細血管が張り巡らされてるので血流が滞ると血液がたまっていき青く見える原因に。

 

血行不良の原因には冷え性などもともとの体質もありますが、最近はスマホやパソコンの見過ぎ、やり過ぎで目を酷使することからくる血行不良があります。

だから若くても血行不良でできるのが青クマ。色白さんだと特に目立ちます。目の下が青いと睡眠不足?って言われてたり疲れてるように見られて損ですね。

青い色からサヨナラして健康的な目元にするには血流をあげることが一番の対策です。血流アップとみうと思い浮かぶのがマッサージですが目元周りの皮膚はとても薄くデリケートなので下手にマッサージするとシワやたるみ、茶グマを引き起こします。

刺激を与えない目元を温めるパックも有効ですが一時的なものです。体を冷やさないようにしたり体質改善も一緒にやると良いですね

血のめぐりを良くする食べ物を食べたり全身の血行がよくなるように適度ない運動を習慣にしたり漢方薬もいいかもしれません。

美顔器だと芯から温めてくれるラジオ波やLED搭載の美顔器がおすすめ。

血流をあげる働きをしてくれる成分を刺すヒアルロン酸パッチで届けましょう。

血流をあげる美容成分が含まれてるのがヒアロディープパッチです。

ヒアロディープパッチの詳細が確認できます
↓ ↓ ↓

>>>ヒアロディープパッチ公式サイトはこちら

赤グマができる原因と使える刺すヒアルロン酸

最近になっていわれるようになったのが赤グマです。ズバリ赤グマは青グマになる前の段階。目元の血行が悪くなってますよ~というサインなのでこの段階で血流アップを心がけると青グマに移行することは少ないでしょう。

赤グマは目の下が腫れて見えることもあり印象が下がります。

赤グマをケアするには青グマ対策を参考にすること。目の周辺の血行不良からくる赤グマやを放置してると青グマに移行し、青グマを放置してると肌の生まれ変わりのサイクルが遅くなり黒クマ、茶グマ、、目袋になる可能性があるので侮れません。

どんなクマも肌の衰えのサインなのでひどくなるともとに戻すのにかなり時間がかかる場合もあるので早めに対応しておきましょう。

黒クマ、茶グマ、青グマ、赤グマなど元の状態に戻すにはある程度の時間が必要になります。気になるときはコンシーラーや下地などで上手に隠しながら根本からのケアに取り組みましょう。

お金の余裕があるなら美容クリニックでのクマ施術で一気に対応することができます。

小じわやちりめんジワなど乾燥による黒クマにはヒアルロン酸を注入する方法があります。ちゃんとしたクリニックなら目の下などデリケートな部分専用のヒアルロン酸を用意してくれるでしょう。

メラニン色素による茶グマにはレーザーを当てる施術で対応。

青グマや赤グマなどの血行不良によるクマはラジオ波が効果的。クリニックでもラジオ波をやってくれます。

美容クリニックなら、すべてのクマ対策ができそうですが意外に時間がかかるクマもあるでしょう。そんな時に自宅でセルフケアができる刺すヒアルロン酸パッチはクリニックに比べると費用もそれほど掛からず経済的です。

ヒアルロン酸注射のもちをよくするために自宅で刺すヒアルロン酸を使うという裏技を使って工夫してる人もいるんですよ。

クリニックでのクマ対策は事前にカウンセリングを受ける事を忘れないようにしてください。カウンセリングは基本的に無料でやってるところが多いです。

>>>無料カウンセリング実施中

美容整形