目の下のシワ 原因と改善方法

目の下にシワができるのはなぜ?

目の下など目元まわりはシワやたるみ、クマなどの様々な悩みが他の部位よりも早くに出てきますね。わかりやすくいえば老化現象やエイジングサインが一番に現れる場所といっても言い過ぎではないでしょう。

このように目元は早くエイジングサインが現れ悩みのもとが多い部位ですがそれはなぜでしょうか?

目元はデリケートでダメージを受けやすい

一番の原因は皮膚の厚さがとても薄いことです。さらに皮脂線も少ないことが原因です。薄くて皮脂腺が少ないとすぐに乾燥や紫外線ダメージの影響をすぐに受けてしまい、水分不足になりシワができやすくなります。

刺激が加わる

目の周りのアイメイクをちゃんと落とそうとクレンジングなどでゴシゴシしたり洗顔の際にこすり過ぎることも肌に負担になってシワができやすくなるでしょう。クレンジング藻洗顔の時も目元は特にやさしくソフトに扱うことが大切です。洗顔後も頬や額などの部位以上の保湿をしなければならないところです。

目の使い過ぎ

パソコンやスマホのやり過ぎで一点を凝視する時間が長すぎると血流が悪くなりシワの原因に。コンタクトレンズの装着も影響があるといわれます。一点凝視の時間が続くと、知らず知らずのうちに瞬きの回数が少なるなります。そうなると眼輪筋などの筋肉の働きが低下してきて、たるみやすくなり放置することでシワに移行することもあります。

老化や表情筋の衰え

年齢が高くなるとどうしてもコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分の生成量がすくなくなり目の周囲の皮膚や脂肪を支える力が低下します。もともと脂肪などが多いと支えられ皮膚が下に下がりシワにつながってしまうでしょう。

表情のクセ

視力が弱いと、どうしても本や新聞などの文字を見るときに目を細くしてみようとすることがありますよね。加齢で老眼になった時も同様です。目を細めるということが繰り返されると皮膚にクセが付きシワになるということです。目が見えにくいな、と思ったら無理をせずメガネなどを装着しましょう。

目の下のシワを改善するには

このように目の下にはシワができやすいので日ごろから必要以上のケアをしっかりとやって、出来ないようにすることが基本です。もしできてしまった時の改善方法を簡単に書いておきましょう。

アイクリームで乾燥させない

目のまわりは皮膚が薄いのですぐに乾燥してしまいます。皮膚が厚いところと同じようなケアではダメで専用のクリームなどでしっかりと保湿し乾燥を防ぎましょう。スマホなどのやり過ぎで血流が悪くなっている場合は眼精疲労を解消するためのストレッチやエクササイズを時々やりましょう。

特に眼輪筋エクササイズは筋肉の衰えからくるたるみやシワ予防にもなります。

皮膚が薄いと紫外線の影響がすぐに表れるので日焼け止めを塗ることを忘れないことです。外出時はサングラスの着用もおすすめです。水分が不足することでできえる乾燥シワを即効で目立たなくするにはマイクロニードルのヒアルロン酸シートを貼ることです。

ヒアルロン酸などの美容成分だけで出来た針がびっしりとシートに並んでいるパッチを夜貼って朝はがせばいつものより水分がたっぷりあるので小じわが目立たなくなります。

ためしてガッテンで暴露された顔のシワをなくす方法が・・・

ためしてガッテンはNHKで人気の番組でためになる情報を紹介してくれるので参考にしています。シミの特効薬を紹介して注目されたこともありますよね。シミが紹介されたくらいなのでシワの特効薬や改善方法も放映されたはず。

さっそく調べてみると、しわについてもちゃんと放送されたことがありました。

ためしてガッテンではシワの種類の違いから対策の違いを紹介していましたね。

シワの種類とは

顔のシワは全部同じもの、と思ってましたが実際は4種類あるそうです。

・表皮ジワ

・表情ジワ

・加齢ジワ

・真皮ジワ

改善が簡単な順番に並べてみました。

この中で自宅のセルフケアで改善が可能なシワは表皮ジワと表情ジワですね。。

表皮ジワとは

表皮にできるシワは内部の水分不足や乾燥によって発生する浅い小じわやちりめんジワなどです。浅い部分に刻まれており真皮層まで到達していません。

改善方法は水分をプラスするなど保湿をちゃんととやること。洗顔した後は保湿力のある化粧水で水分をたっぷり与え、クリームで水分が逃げないようにフタをするというのが基本的な感想小じわ対策です。

このように表皮ジワにに対する対策葉スキンケアでもできますが、しっかりと奥まで浸透させるには刺すヒアルロン酸のマイクロニードルパッチが手っ取り早いですね。

刺すヒアルロン酸のマイクロニードルパッチのことは以前、ためしてガッテンでも紹介されて話題になったことがあります。

表情ジワとは

表情ジワは笑ったり、泣いたり、怒ったりというときの表情筋が動く際に分泌される神経伝達物質の過剰に出ることが繰り返されて定着していくシワです。だから保湿をしても中々改善しないでしょう。表情ジワ対策に効果的とクリニックで人気なのがボトックス注射です。表情ジワの原因になる神経伝達物を抑制します。

ボトックス注射は即効性がある反面、定期的に注入するなど費用がかかりますし、注入する場所を間違えたり注入量が多いと副作用や無表情になるなどのトラブルの心配があります。

そこで注目されているのが塗るボトックスです。ボトックス注射とは原料がまったく違いますし副作用の心配がありません。でも即効性がないのがデメリット。

塗るボトックスは

・アルジルリン
・シンエイク
・プロジェリン

など種類がありますが優寧なのがアルジルリンとシンエイクです。

アルジルリンを配合しており塗って1分でシワが目立たなくなる美容ジェルが話題になっています。

1分でシワが目立たなくなるシワ取りジェルはこちら
↓ ↓ ↓
⇒1分でシワがピーンとなるシワ取りクリーム

安全に経済的に表情ジワをなくしたいなら塗るボトックスを配合したスキンケアがおすすめ。確実に肌の奥に浸透させ、出来るだけ効果を早めたいなら塗るボトックス配合のマイクロニードルパッチがあります。

塗るボトックス配合のマイクロニードルパッチはこちら
↓ ↓ ↓
マイクロアイパッチ3回分セット(2枚入り×3個)  針状 刺すヒアルロン酸シート【ゆうパケット便送料無料】

加齢ジワとは

年齢が高くなル老化でできる加齢ジワの原因は真皮層よりもっと奥が紫外線ダメージを受けたり加齢でコラーゲンなどが減少し表皮や筋肉を支えられなくなったこと。真皮層より奥に浸透するスキンケアはめったにありませんので美容クリニックでの施術が必要かもしれません。切ったりしなくてもLEDの光を当てたりエレクトロポレーションなどの方法があります。

ヒト幹細胞培養液など最先端のエイジング成分を届けるのが効果的。

日ごろから紫外線を避けるために日焼け止めをしっかり塗ることが予防になります。自己流マッサージはやらないほうがいいです。

真皮ジワとは

真皮ジワは表皮より奥にある真皮層煮ある線維芽細胞がが紫外線のダメージを受けたり、加齢でハリ成分の生成が減少したことが原因。UVケアで紫外線を防止しながら減ってしまったコラーゲンなどのハリ成分を増やすことが必要です。

加齢ジワと同様、クリニックでの施術に頼るのも一つの対策ですが、家庭用のエレクトロポレーション美顔器でコラーゲンや成長因子、ヒト幹細胞培養液を導入する方法もあります。コラーゲンの生成を手助けするビタミンCを導入するのもプラスになるでしょう。

ためしてガッテンが見つけた【しわなし王国】とは

ためしてガッテンが見つけた【シワなし王国】という国が日本に存在するのをご存じですか? その王国はどこにあるでしょうか?

実は女優の佐々木希さんが生まれ育った秋田県のことです。秋田は東北で1年をとおして紫外線が少ない地方ですね。しかも冬が長い豪雪地帯なので外で過ごすより家の中にいることが多い、など紫外線を浴びることが少ない為、高齢になってもシワが少ないというのが特徴です。このように紫外線ダメージはシワ形成に大きく影響する怖いものなんですね。

秋田美人といわれるのも理由があってのことです。

紫外線は肌の老化を早めるものなので実は加齢より怖いもの。家の中にいるから大丈夫と油断してはいけません。なぜなら紫外線のUV-A波は窓ガラスはもちろんカーテンなどを突き抜け中にやすやすと入ってきます。

UV-A波は真皮層に届く長い波長なので、コラーゲン繊維煮ダメージを与える原因です。朝起きて洗顔しスキンケアをした後は日焼け止めを毎日塗ることを習慣ししましょう。