ヒアロディープパッチの使用前と使用後 目の下のたるみに使って分かったリアルなこと

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチと使ってみたので使用前と使用後の違いを暴露します。

ヒアロディープパッチは北の快適工房から発売中の刺すヒアルロン酸シート。

ニードル部分に含まれる美容成分の多さはダントツに多いのに、お値段が意外にリーズナブルだったので自分で購入し使ってみました。

公式サイトで詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

目周りの小じわに『ヒアロディープパッチ』

ヒアロディープパッチの使用前と使用後が衝撃的!

ヒアロディープパッチは目の下の小じわやちりめんジワなどに直接ヒアルロン酸を注入することでケアしていく商品です。

だんだんと目立ってきた目の下のたるみ。このまま放置するとくっきりした目袋になりそう。

ヒアロディープパッチで何とか食い止めようと、3か月分を購入し使ってみました。

届いた商品の成分を見てまずびっくり。下記のようにとてもたくさんの成分が入ってます。

全成分
ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

これらの有効成分が貼ったところに届くことが想像できます。

ほかのマイクロニードルパッチはだいたいヒアルロン酸だけなので効果に大きな違いがあるのではないかと思いますね。

 

さっそく目の下たるみに貼ってみました。

ヒアロディプパッチ目の下のたるみに使ってみました

私の肌は小じわができにくいタイプ。

どちらかというとたるみの方が以前から気になっています。特に目の下のたるみは年々と進行中。

目の下のたるみの原因は乾燥はもちろんコラーゲンの減少や眼輪筋という筋肉の衰えで眼窩脂肪を支えられなくなること。

コラーゲンを増やしてハリをアップさせないといけないのです。

ヒアロディ―プパッチにはコラーゲンが入ってるしコラーゲン生成をサポートする成長因子やビタミンCもはいってます。

たるみ改善が期待できそう。

パッチを貼った瞬間はチクリとしますが、5分経つうちにだんだんと気にならなくなり貼ったまま寝ました。

シートを貼ったら再度上から押さえる

翌朝、シートをはがしてみると貼ったところに薄い膜のようなものがついてます。これは皮膚の中に入らなかったヒアロディ―プパッチの成分。

どうやらパッチをちゃんと貼れてなく、ニードルがしっかりと奥に入ってなかったようです。

ぬるま湯を付けて少しクルクルしてみると、膜のようなものが溶けてトロリとした美容液のようになります。

このようにシートをしっかりと貼ってないと、ニードルの成分が外側に漏れてしまもったいないことになります。

そこで2回目はシートを貼ったらもう一度まんべんなく上から押さえて、ニードルがしっかり入るようにしました。

貼って時間がたってから押さえるとニードルが少し溶け始めてるので逆効果になるので貼ってすぐにぎゅっと押さえるのがポイント。

これをやるとシートをはがしても成分が外に漏れてるのがかなり少なくなります。

このように貼り方が悪いとせっかくの有効な成分が角層に届かず外に漏れて、「効果ないじゃん!」ってことになるでしょう。

だからマイクロニードルのシートはキチンと正しく貼りましょう。

しっかりと貼ってから朝はがすと、目の下のたるみがいつもよりマシですっきりした目元に。

特に目袋の下にある凹みにヒアルロン酸などの成分が吸収され、フラットになったのでたるみが目立たなくなりました。

継続使用でこれからの変化が楽しみです。

 

⇒目の下のたるみに貼ったビフォーアフター画像や体験談をもっと詳しく見てみる

ヒアロディープパッチを使った人のリアルな口コミ

私がヒアロディープパッチを使った使用前、使用後のことを書きましたが他の体験者の意見も気になります。

アットコスメに口コミが投稿されてたので紹介しておきますね。実際に使ってみた人の口コミで効果を確認してみましょう。

ヒアロディープパッチ アットコスメの口コミ

本音満載の口コミサイトで有名なアットコスメにヒアロディープパッチの口コミが掲載されていたのでチェックしてみました。

なんと総合評価では7点満点で6点という高い評価をもらっていてビックリ。

さっそく口コミの一部を紹介しますね。

44歳敏感肌のRさん
三ヶ月コースで購入してみました。袋を開けると1回分ごとにきちんと小分けされてるので使いやすいです。1回で驚く様な効果はありませんでしたが次の週の同じところに貼ったら翌朝はふっくらしてる感じがします。さらに次の週にはへこみが目立ってきた目の下に貼り翌朝はがすとふっくら!最初に貼った時に感じたチクチクした感触も慣れてくるとイタ気持ちいいし面倒なケアはいらず貼って寝るだけでいいので継続しやすいです。40代になると目元や口元の印象で見た目も変わるのでちゃんとケアしておきたいからしばらく続けるつもりです。

 

46歳普通肌のHさん
口コミがとても少なかったですが思い切って購入し昨晩使用しました。シワ改善というより目の下のたるみを改善したかったで目の下に貼りました。もともと敏感肌で心配でしたが貼った時は意外に痛くなく後も問題なし。

42歳乾燥肌のTさん
初めて貼った時はチクチクしましたがのですぐにはがしましたが2回目は意外にチクチク感がなく貼ったまま寝ることができました。慣れたのかも。朝起きてはがすと、本当に貼ったところがぷっくりしてるし、効果はありそう。

42歳敏感肌のYさん
1回使っただけですが驚きました!お値段が高いので1か月分をかったのですが定期購入すればよかったと後悔してるくらいです。目の周りの細かいシワが気になってたのでさっそく貼ってみた次の日、シワが気にならないくらいになり全体的にふっくらしていました。目元に細かいシワが最近できて、とても気になっていました。毎日使いたいくらいですが値段が高いので1週間に1回継続してみます。

以上は辛口の口コミサイト、アットコスメに掲載されていたヒアロディープパッチの口コミです。偶然ですが皆さん40代です。

40代になると目の周りや口元の悩みが増えてきますね。目元や口コミの印象は見た目年齢に影響するのでなるべくなくしておきたいもの。

肌の表面にぬるだけのスキンケアよりも角質層の一番深いところへ美容成分を導くことができるマイクロニードルなら改善も期待できそうです。

スキンケアは最低3か月は使ってみないと本当の効果がわからないのでじっくり使ってみたいですね。

ヒアロディ―プパッチの詳細はこちら
↓ ↓ ↓

「目周りの小じわ」による”老け見え”に悩んでる人限定!『ヒアロディープパッチ』

ヒアロディープパッチ 悩みによって変化を実感する時期が違う

乾燥小じわ、クマ、たるみ、しぼみなど悩みの種類によってヒアロディープパッチを貼ってからの効果の感じ方には違いが出てきます。

浅い乾燥小じわならヒアルロン酸がはいることで水分が増えふっくらしてくれるので変化を実感するのが早いでしょう。

でも私のような目の下のたるみや目袋だとコラーゲンを増やさないといけないので少し時間がかかるはず。

それでも貼った翌日にはいつもより目の下のたるみがマシになってるように思えました。

何より普通のスキンケアではちゃんと奥に入ってるかどうかわからない美容成分がしっかりと角層まで届けられるアイテムって魅力的ですね。

ヒアロディープパッチはほうれい線にも貼ってケアできるのですが、深いものだと時間がかかるでしょうからジックリ継続することがポイント。

私的にたるみ改善に期待していることがあります。

2種類の成長因子で再生力を取り戻す

それは針に含まれてる成分の中に成長因子が2種類も入ってることです。

一般的に言われるEGFとFGFです。成分表記ではEGFはヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、FGFはヒト遺伝子組換ポリペプチド-11です。

成長因子を配合しているスキンケアはたくさんあるのですが実際、塗るだけでは入ってるかどうかが確認できないものです。

でもマイクロニードルの刺すシートパッチで正しく貼るとちゃんと角質層の奥に成長因子を届けることができます。

 

成長因子に期待できることはダメージや加齢で衰えたコラーゲンやヒアルロン酸の再生力をよみがえらせること。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成量が増えればしぼんで元気がなかった肌にハリが戻るでしょう。

実際に楽天通販で北の快適工房のヒアロディ―プパッチを買った人の口コミを見ると、1か月分を購入した人より3か月分を購入した人の方が口コミ評価が高かったです。

長く使う事で配合されている成分が肌の奥で働き続けるので変化を実感できたということですね。

ヒアロディープパッチ たるみ、ほうれい線、クマにも使える

目の下の悩みというと、シワ、たるみ以外に「クマ」がありますね。

ヒアロディープパッチはこのクマにも使えるのですがくまの種類によって効果の感じ方が全く違ってくるでしょう。

クマの種類
・青グマ
・茶グマ
・黒クマ
・赤グマ

以上がクマの種類の代表的なものです。

青グマの原因と対応する成分

青グマは血行不良が原因なので血行を促進することが必要。

ヒアロには入ってるかな?と思い調べてみたら血行促進すると言われるアデノシン、プラセンタエキス、トコフェノール(ビタミンE)とが入ってました。

赤グマは青グマの前段階なので青グマの原因と対応成分を参考にしましょう。

茶グマの原因と対応する成分

茶グマはメラニン色素が原因で黒く変色してできたもの。

黒や茶色に変色したメラニンを白く戻す働きをするのがビタミンC誘導体とプラセンタエキス。ヒアロにはビタミンC誘導体とプラセンタエキスが含まれています。

ビタミンCは減少したコラーゲンの再生をサポートする作用もあります。

さらに表皮の細胞を元気にするEGFが低下した生まれ変わりのサイクルを促したまったメラニンが外へ排出し新しい皮膚の表に出やすくなるでしょう。

プラセンタエキスも生まれ変わりのサイクルの促進をサポートします。

黒クマの原因と対応する成分

黒クマは乾燥小じわの集まりでできた影が黒く見えるので水分不足を解消しましょう。保湿成分が必要ですがヒアロディープパッチにはヒアルロン酸やコラーゲンが入ってます。

特に1gで6リットルの水分をため込むことができるヒアルロン酸が含まれていますから、乾燥からくる水分不足を補ってくれます。水分が補充された皮膚は一気にふっくら。

その他、EGFとFGFという成長因子が入ってるので継続することで皮膚の細胞の働きを上げてくれるでしょう。皮膚細胞が元気になれば自分の力でヒアルロン酸やコラーゲンを再生することができます。

このようにクマにも効果的なものがしっかりと入ってます。

悩みの原因に対応してくれるのがヒアロディ―プパッチのマイクロニードルですが、たるみやクマは1回で改善することはかなり少なく小じわより長くかかるかもしれません。

できれば肌の生まれ変わりのサイクルに必要な期間と言われる3か月は継続したいものですね。

使った人にアンケートをとっても一番変化を感じたのが目元の小じわで次がたるみ、そしてクマという順番でした。

使い始めて変化を感じた時期についてのアンケートでは翌日が一番多く、次が1週間~2週間後で悩みによっては1カ月近くかかった人もいました。

1回で変化を感じなかったとしても継続使用が大事なんだな~と思います。

刺すスキンケアのヒアロディープパッチには細胞を活性化する成長因子が入ってるので使い続ければ若返りが期待できるでしょう。

ヒアロディ―プパッチを貼る前に注意すること

それと貼る前に注意しないといけないのはオイル系の美容液は塗らないことと、化粧水などを塗ったらしっかりと乾かしてから貼ることです。

その理由はオイルが邪魔してシートがちゃんと肌にくっついてくれなくなるから。

さらに皮膚に水分が残った状態でも密着度が低下するのでスキンケアの後にはちゃんと乾かしてからパッチを貼りましょう。

自分で使ってみて正しい貼り方をしないともったいないことが分かりました。

有効成分だけでできたニードル部分がしっかりと皮膚の中に入ってくれることが大事。貼るだけでは確実とは言えないので貼ったらシートを上からまんべんなく押さえニードルをしっかりと入るようにしましょう。

ちゃんと貼ると寝ている間シートがはがれることなく時間をかけて成分を奥に届くことになるでしょう。

ヒアロディ-プパッチでほうれい線対策

口の周りの年齢サイン「ほうれい線」にあきらめていませんか?

ほうれい線の悩みもヒアロディープパッチなら解決してくれるかも。

目の周りに貼ってシワやちりめんジワを薄くすると注目されてるヒアロディープパッチですが、なんとほうれい線にも貼ってケアできることがわかりました。

 

ほうれい線にも貼りやすい形状になっています。販売元でもモニター調査を行い、ほうれい線にも貼ってもらう実験をしてうれしい実感の反応があったそうです。

本当に効果があるのか、こちらでしらべてみたことっを書いています。

 

詳しい情報を早く知りたいならこちら
↓ ↓ ↓
口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

ヒアロディ―プパッチはモニター調査でほうれい線に使っても効果が期待できる、という結果が出ていますが、すべてのほうれい線に良い結果が出るとは限りません。

ほうれい線の状態や深さによって違うからです。

 

特にまだ深く刻まれていない浅いほうれい線には効果的でしょう。

マイクロニードルの技術で普段は届きにくい角質層までヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどの有効なものが届くからです。

ヒアロディ―プパッチの針の長さは0.2ミリなので一般的な人の角質層の一番深いところに届く長さです。

浅いほうれい線のシワは表皮部分にとどまっているのでマイクロニードルのパワーは効果的でしょう。

でも深くなってくると表皮を超えて真皮層までシワが刻まれてる可能性が大きいので、せっかくの有効な成分も真皮層までは届きにくいでしょう。

だから深いほうれい線にマイクロニードルパッチやヒアロディ―プパッチをつかっても効果があまり感じられない・・ということが。

 

ヒアロディ―プパッチのマイクロニードルをほうれい線に使用する前に自分のシワの程度を確認しておきましょう。

浅いほうれい線と深いほうれい線の見分け方

自分の口元に刻まれたシワやほうれい線が表皮にとどまった浅いものか真皮層まで刻まれた深いものかを見分ける簡単な方法があります。

入浴して肌に水分がたっぷりあるときや指でシワを伸ばすと目立たなくなる

この場合は乾燥や表情のクセが原因できた浅いしわなのでヒアロディ-プパッチで目立たなくすることが期待できます。

入浴して肌に水分があるときも指でシワを広げてもシワが消えない

こちらは真皮層まで刻まれた深いほうれい線。ヒアロディ-プパッチでも改善は難しいかもしれません。

その理由はニードルの長さが真皮層まで届かないから。

深いシワは真皮層に存在するハリのもとになるコラーゲンやエラスチンなどが加齢やダメージなどで減少したことが原因。

真皮層の深さは2~3ミリなので到達させるために必要なニードル(針)の長さは2ミリ以上と言われます。ヒアロディ―プパッチの長さは0.2ミリです。

真皮層まで届く針の長さを使用できる針の長さが0.25~2.5ミリまで調節できる電動ダーマスタンプを使うか美容クリニックでヒアルロン酸やコラーゲンを直接注入するほうが効果的でしょう。

 

>>>電動ダーマスタンプの詳細を見てみる

ヒアロディープパッチでほうれい線対策まとめ

ほうれい線対策にマイクロニードルが効果的なのは表皮にとどまった状態の浅いシワです。

真皮層まで深く刻まれているほうれい線には電動ダーマスタンプ、ダーマペンや直接コラーゲンやヒアルロン酸などを注射で注入するほうが効果的です。

ダーマスタンプはクリニックでもやってますが自宅でセルフケアもできます。

ニードルの長さが0.25~2.0ミリの間で自由に変えることができるので、ニキビ跡の凹凸や小じわ、妊娠線などにも対応します。

 

⇒ダーマスタンプとダーマペンの最安値を見てみる

 

マイクロニードルのヒアロディーパッチは浅いシワの時やくっきりしたシワにしないために予防としてほうれい線に貼るのは良いでしょう。



 

ヒアロディープパッチを使うことのメリット

ヒアロディ―プパッチを使うことでどんなメリットがあるのか確認してみましょう。

 

・塗るよりもスムーズに角質層に成分を届けることがことができます。
・皮膚の深部にヒアルロン酸がダイレクトに浸透します。
・ヒアルロン酸だけではなくエイジング成分や有効成分が含まれています。
・ヒアルロン酸注射より痛くない
・ヒアルロン酸注射より経済的
・夜貼って寝ている間にエイジングケアができる
・1週間に1回程度の使用でいい
・肌に負担のある成分は入っていません。
・スキンケアアドバイザーのサポートが得られる

以上がヒアロディープパッチを使うことで得られるメリットを考えられるだけピックアップしたものです。

特にほかのマイクロニードルパッチよりもニードルに含まれている有効成分や薬剤がダントツに多いのが一番のメリットです。

スキンケアはいろいろなブランドやメーカーがありますがほとんどが」肌の上に塗るだけのもの。

ナノ化して浸透しやすいサイズにしてあるものもありますが、表皮にはバリア機能を言うのがあって簡単に門を開けてくれないシステムになっています。

とくにヒアルロン酸は水溶性なのでバリア機能だけでなく皮膚表面にある皮脂によっても簡単に奥に進めない傾向があります。

水と油は相性が悪いし脂は水分を簡単にはじきますから。

でもマイクロ二ードルならバリア機能も皮脂も一気に突破して角質層の一番深いところに有効な成分や薬剤を届けることができるので浸透度も高いはずです。

いろんなスキンケアを使っても改善しなかった肌の悩みがヒアロディ―プパッチで解決に導いてくれることが期待できますね。

 

ヒアロディープパッチのニードル(針)に入ってる美容成分

ヒアロディープパッチのニードル(針)に含まれている美容成分が高級で高価な美容液以上と評判になっています。

マイクロニードルは有効成分をダイレクトに皮膚の奥まで届ける技術なので、ただ塗るだけよりもちゃんと効果が実感できそうです。

マイクロニードルでできた目元シートは他のメーカーからもたくさん出てるということですが、ニードルに含まれてる成分は

だいたいがヒアルロン酸naや加水分解ヒアルロン酸のどちらかだけです。

他の成分が入っていたとしてもコラーゲンやビタミンC誘導体など2.3種類がプラスされてる傾向があります。

やっぱりせっかく奥まで届くのなら、もっとたくさんの美容成分を届けてほしくなりますね。

ヒアロディープパッチはたくさんの有効成分が含まれてるということですが
いったいどんな成分を届けてもらえるのでしょう?

どんな成分が含まれてるのか詳しく調べたので掲載しておきしょう。

ヒアロディープパッチの全成分
ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

これだけたくさんの成分が角質層の深部まで届くってすごくないですか?

特にプラセンタや成長因子が含まれてることに注目してほしいです。

成長因子はヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とヒト遺伝子組換ポリペプチド-11と表記されてます。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1はEGFでヒト遺伝子組換ポリペプチド-11がFGF。

これらは最先端のアンチエイジング成分と呼ばれているグロースファクターの代表的なものです。

人間の皮膚の細胞を活性化させ肌の生まれ変わりを若いころのような状態に戻す
若返りのサポートをしてくれるありがたい成分です。

一緒に含まれてるプラセンタエキスもエイジングケアには最適ですね